東京でインビザライン治療ナビ » 矯正歯科治療(歯列矯正)の基礎知識 » 悪い噛み合わせを放置するリスク

悪い噛み合わせを放置するリスク

  

ここでは、悪い噛み合わせを放置するリスクについて詳しく解説します。

悪い噛み合わせを放置することによるリスク一覧

悪い噛み合わせを放置していると、歯だけではなく、やがて全身のあらゆるところに悪影響が生じてくる可能性があります。以下、悪い噛み合わせを放置することによって生じうるリスクについて、口腔内におけるリスクと口腔以外におけるリスクとに分けて、具体的に見ていきましょう。

口腔内におけるリスク

咀嚼機能の低下

「噛み合わせが悪い」という症状は、言い換えれば「上下の歯で噛み合っている部分が少ない」ということ。噛み合っている部分が少なければ、当然、食べ物を噛み砕く効率は悪くなります。そうなると、十分に噛み砕くために食事に時間をかけるか、もしくは、十分に噛み砕けない状態のまま飲み込んでしまうしかありません。後者の場合、後で説明するように、消化器官への負担が増えることになります。

虫歯・歯周病

噛み合わせが悪いということは、そもそも歯並びが悪いということでもあります。歯並びが悪ければ、歯磨きの際、細部までブラッシングが十分に行き届かないこともあるでしょう。結果として、虫歯や歯周病のリスクが高まることになります。

口臭

歯並びが悪いことでブラッシングが十分に行き届かない場合、口の中には食べカスが残りやすくなります。これら食べカスをエサにする細菌が口腔内で増殖すると、口臭を招きやすくなります。 また、歯並びが悪い人の中には口呼吸をする人も少なくありません。口呼吸によって口腔内が乾燥すると、細菌が増殖して口臭を招きやすくなります。

発音のしにくさ

噛み合わせの悪さの原因が歯間空隙(歯と歯の間のすき間ができた状態)や、開口(上下の前歯が噛み合わない状態)などの場合、言葉を発する際に歯の間から空気が抜けることがあります。これにより、中には発音のしにくさを感じる人もいることでしょう。

口腔以外におけるリスク

消化器官への負担増

歯並びの悪さに起因する咀嚼機能の低下により、食べ物が十分に噛み砕かれていない状態で胃腸へと運ばれることがあります。口の中で十分に食べ物が噛み砕かれていないと、胃腸への負担は増大。食べたものがきちんと消化されないまま体外へと排出される恐れがあります。

顔のゆがみ・顎関節症

噛み合わせが悪い状態の場合、左右どちらかの歯に負担がかたよってしまうことがあります。その結果、片側の骨や筋肉に負担が増え、顔のゆがみや顎関節症を招く恐れがあることも理解しておきましょう。顎関節症が悪化すると、顎の骨の不具合だけではなく、首や肩のコリ・痛み、頭痛などを併発することもあります。

精神的な弊害

噛み合わせが悪い人の中には、自分の歯並びの悪さにコンプレックスを持っている人もいるようです。笑うときに手で口元を隠す人や、歯を見せないでスマイル写真に映る人は、自分の口元(=歯並び)に自信がないのかもしれません。中には、口元に対するコンプレックスが原因で、「人前で話せない」「物事に積極的になれない」など、精神的な弊害を自覚している人もいるようです。

その他の症状

噛み合わせが遠因となり、視力低下や小児喘息などが誘発されることがある、との説があります。

虫歯や歯周病、顎関節症、胃腸障害などとは異なり、これらの症状と噛み合わせとの関連には、医学的な根拠に乏しいと言わざるを得ません。ただし、口腔疾患が様々な全身疾患と関連を持っている(動脈硬化やアルツハイマー型認知症など)ことが明らかになっている昨今、新説を無下に否定することはできません。

噛み合わせが良いか悪いかを知るセルフチェック法

噛み合わせが良いか悪いか、自分では分からないという人のために、以下で簡易的な噛み合わせチェック法を3つご紹介しています。これらの方法を試した結果、一つでも該当した場合には、もしかすると噛み合わせに問題があるのかもしれません。気になる結果となった場合には、一度、歯科医院に相談することをおすすめします。

チェック法1:上下の唇を軽く自然に閉じる

上下の唇を、いつも通りに軽く自然に閉じてみてください。無理に閉じようとするのではなく、自然な力で閉じてみましょう。 この際、上下の唇がきちんと閉じず、歯が見えてしまう場合には噛み合わせに問題がある可能性があります。また、下の唇を上の前歯で噛んでしまう場合や、上の唇が下の唇で隠れてしまう場合にも、噛み合わせに問題ありかもしれません。

チェック法2:両手の人差し指で口を横に広げる

奥歯でしっかりと噛んだ状態にし、両手の人差し指を口の中に入れて口を横に広げてみてください。この際、歯に次のいずれかのような状態が確認された場合、噛み合わせに問題のある可能性があります。

チェック法3:前歯で横に割りばしを噛んでくわえる

横にした状態の割りばしを前歯で噛んでくわえてください。その際、割りばしが左右どちらかに傾いている場合には、噛み合わせに問題がある可能性があります。

まとめ

噛み合わせの問題は、歯や食事だけでの問題ではありません。全身の健康状態に影響をもたらすことを十分に理解しましょう。 そのうえで、もし噛み合わせに問題があるようならば、早めに歯科医院に相談することをおすすめします。治療が早ければ早いほど予後が良いことも理解しておきましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE