東京でインビザライン治療ナビ » 矯正歯科治療(歯列矯正)の基礎知識 » 矯正治療の種類

矯正治療の種類

  

ここでは、歯科医院で行っている矯正治療の種類について解説します。

矯正治療の種類

表側矯正

表側矯正とは、歯の表側にブラケットとワイヤーを装着して矯正を進める従来型の治療法。「唇側矯正」や「ワイヤー矯正」などと呼ばれることもあります。かつては金属を使ったブラケットが主流で使われていましたが、最近では審美性を高める観点から、セラミックやプラスチックを使ったブラケットも広く普及しています。

メリット

デメリット

表側矯正はこんな人に向いている

少しでも経済的な負担を軽くして矯正したい方、または、細かい部分まで歯並びを綺麗にしたい方などに表が表側矯正をおすすめします。表側に装置がついても、さほど気にならない人は、メリットの多い表側矯正を検討してみて良いのではないでしょうか?

裏側矯正

裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して矯正を進める方法。「リンガル矯正」や「舌側矯正」などと呼ばれることもあります。裏側矯正の最大のポイントは、何と言っても装置が目立たないこと。あえて歯の裏側を見せない限り、装置の存在が周囲に知られることはありません。

メリット

デメリット

裏側矯正はこんな人に向いている

歯列矯正を受けていることを周囲に知られたくない人や、仕事の都合上、装置を隠しながら矯正を進めたい人などに向いている治療法です。治療費や治療期間との兼ね合いを考慮し、検討してみるようにしましょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを歯に装着し、少しずつ矯正を進めていく治療法。有名なインビザラインも、マウスピース矯正の一種です。透明で目立ちにくいという点に加え、いつでも自分で取り外しができる点も、マウスピース矯正が人気を集めている理由の一つのようです。

メリット

デメリット

マウスピース矯正はこんな人に向いている

装置の見た目が気になる人は、裏側矯正などとあわせて、マウスピース矯正も検討してみて良いでしょう。装置を自分で自由に取り外せることから、プレゼンや会議などで人前に出ることが多い人にも向いている矯正法と言えるかもしれません。金属アレルギーのある人にも、マウスピース矯正がおすすめです。

ハーフリンガル矯正

装置が目立ちやすい上の歯列を裏側矯正にし、装置が目立ちにくい下の歯列を表側矯正にする治療法。患者それぞれの口元の特徴にもよりますが、上の歯列の装置はもちろんのこと、基本的には下の歯列の装置もほとんど見えることはありません。

メリット

デメリット

ハーフリンガル矯正はこんな人に向いている

なるべく目立たない矯正装置を使いたいと考えている人で、かつ、なるべく治療費を抑えたいと考えている人にハーフリンガル矯正は向いています。マウスピース矯正が適応とならなかった人も、ハーフリンガル矯正を検討してみて良いでしょう。

部分矯正

部分矯正とは、一部の歯並びを整える矯正法のこと。「前歯の1本だけが傾いている」「八重歯が目立つ」「特定の歯と歯の間にすき間がある」などのように、歯列全体ではなく一部分だけの乱れを整える治療法を、部分矯正と言います。

メリット

デメリット

部分矯正はこんな人に向いている

部分的な矯正だけでお悩みの大半が解消されるならば、部分矯正を選択しても良いと思われます。また、本来であれば全体矯正のほうが向いているものの、費用の問題で全体矯正が難しい場合には、歯科医師と相談のうえ部分矯正を検討してみても良いでしょう。

まとめ

矯正と聞くと、歯の表面に横並びの装置を付ける「表側矯正」をイメージする人が多いと思います。でも上記のとおり、近年の歯科医院では、表側矯正のほかにも裏側矯正、マウスピース矯正、ハーフリンガル矯正など、装置が目立たない矯正法も一般的に行われています。あなたの身近にも、もしかすると、あなたに気付かれずに矯正を進めている人がいるかもしれません。

歯並びにお悩みの方は、ぜひ一度、矯正を専門的に診療している歯科医院を受診してみてください。きっと、あなたの希望やライフスタイルに合った矯正法を提案してくれるますよ。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE