東京でインビザライン治療ナビ » インビザラインとは?知っておきたい基礎知識 » インビザラインの治療の流れ

インビザラインの治療の流れ

インビザライン歯列矯正治療ではどのようなことを行なうのでしょうか。ここでは、インビザラインの治療の流れについて、順を追って詳しく解説します。

Step1.カウンセリング

先ずはカウンセリングの予約を行ないます。病院によっては、カウンセリングを無料で行なっているところもあるので、予約をするときに無料かどうか、確認をすると良いでしょう。

カウンセリングは、矯正医師が対応。現在の歯並びの悩みをはじめ、治療の不安、疑問や質問など、どんなことも話を聞いてくれます。そのあと、歯並びの確認が行なわれます(場合によっては口の中の写真を撮り、画像を見ながら説明があります)。

歯の状態から、抜歯が必要かどうかの判断。患者さまの要望を踏まえ、おおよその費用と、どのような治療方法が合うかを提案。治療方法や注意事項などについて、詳しい説明をしてくれます。

カウンセリングを受けたからといって、必ずしも治療を受けなければいけないわけではありません。医師によって治療方法が異なる場合もあります。複数の病院に相談を行い、より納得のいく治療のできる病院を探してもいいでしょう。治療方法や費用、支払い方法に十分に納得できてから、行なうかどうかの最終決定をします。

Step2.精密検査

治療に納得ができたら、次は精密検査です。まず医師から、その日の検査方法についての説明があります。インビザラインなどの矯正歯科の検査は、一般歯科と違い、セファログラムというレントゲンを用いて、より精密な検査をしなければなりません。現状の歯の撮影を行なったら、カウンセリングルームでレントゲンの画像を元に、今後の治療方針についての、より明確な説明が行なわれます。

矯正治療に取り掛かる前に、歯のクリーニングが必要です。この段階で、必要な歯のクリーニングが行なわれます。矯正治療に取り掛かる前に、治療が必要と判断された虫歯があった場合は、そちらの治療を優先して行なわれる場合も。また、レントゲン検査の結果や、治療計画により、親知らずの抜歯が必要と判断された場合も、インビザラインの治療を開始する前に、抜歯が行なわれます。

Step3.マウスピース用の歯型を撮って発注

インビザライン用のマウスピースであるアライナーを作るためには、診断模型を作成する必要があります。iTero(アイテロ)という、口の中をスキャンするだけで歯型の取れる、こだわりの機械を使用し、歯型を取ります。iTeroは口内を正確にスキャンすることができる機械なのです。スキャンしたデータは、インビザラインを世界中に提供している、アメリカのアライン・テクノロジー社に送って、アライナーを発注します。発注後、1ヶ月程度でアライナーが届きます。

Step4.矯正シミュレーション

発注したアライナーが届くまでの間に、インビザライン歯科矯正によって、どのように歯が矯正されていくかを、コンピューターシミュレーションで確認します。アライナー発注時に送ったレントゲンや、口腔内写真、iTeroスキャニングデータを元に、まずアライン・テクノロジー社から、インビザライン歯科矯正のシミュレーション画像が届きます。

シミュレーション画像を元にして、担当医が治療を計画。また、患者さまもシミュレーション画像を確認でき、矯正後にどのような歯並びになるかが確認できます。担当医と一緒に画像を確認しながら、治療期間や治療計画の説明を受けます。

Step5.治療開始

矯正修了時までに使用する、数十枚のアライナーができあがったら、治療の開始です。まず、矯正1段階目のアライナーを用いての、装着方法や外し方を練習。その他の注意事項についての説明もあります。次の検診までに装着する予定の、矯正2段階目以降のアライナーも、この時に渡されます。これは、次の検診までの間に矯正が進み、1つ目のアライナーでは適合しなくなるからです。

アライナーは1日に20時間程度装着するようにします。また、約2週間で次の段階のアライナーへ交換します。残りのアライナーは医院で保管。治療開始時や、ある程度治療が進んだ段階に、アタッチメントを装着することも。アタッチメントは、アライナーを装着するための補助として使われ、治療修了時に取り外します。そして次回の検診は1~3カ月後です。

Step6.定期健診

矯正の進み具合などを確認するために、1~3カ月に1回程度の頻度で来院して、口内のチェックを行ないます。主な確認内容は、インビザラインと歯の適合状況の診断です。このとき、治療の進み具合に合わせて、適したアライナーに交換します。アライナーに加えてアタッチメントを装着して、より矯正を促す場合も。

そのほか、普段忘れずにインビザラインを装着しているかを確認するために、装着時間をチェックします。さらに、普段の長時間のアライナー装着により、口の中の衛生状態が悪くなっている場合があるため、その状態も確認します。

インビザラインで矯正しているときの注意点

1日20時間は装着する

アライナーは、1日20時間は装着する必要があります。アライナーを装着しているときだけ、歯が少しずつアライナーの型になるように矯正されるのが、インビザライン歯科矯正です。したがって、アライナーを装着していない時には、せっかく矯正が進んだ歯が、元の状態へと戻ろうとします。装着時間が短いと、治療時間が長くなってしまい、また、矯正の進行状態が計画と異なってしまい、最終的な仕上がりにも影響を与えてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

中にはアライナーだけでは治療が難しいことも

アライナーだけでは、歯科矯正の進行が悪かったりする場合があります。またアライナーの装着が困難な場合も。そのようなときには、アライナーに加えて一時的にワイヤーやアタッチメントを装着して矯正を促します。アタッチメントは、歯と近い色のもの使用できるため、アライナーと同様に目立ちにくいです。歯科医院によっては、アライナーを装着しやすくするために、初めからアタッチメントを装着するところもあります。