東京でインビザライン治療ナビ » インビザラインとは?知っておきたい基礎知識 » インビザラインの効果

インビザラインの効果

インビザラインによる歯科矯正の効果について解説しています。

インビザラインはどれくらいの効果があるの?

ブラケットとワイヤーで固定するワイヤー矯正のほうが、効果が高いと思いがちですが、実際のところはどうなのでしょう。

インビザラインは、マウスピースを装着して、少しずつ歯を動かしていく矯正の方法です。ひとつのマウスピースをずっと使い続けていくのではなく、10日~2週間ほどのペースで新しいマウスピースへと取り替えていきます。

シミュレーションによって治療計画を割り出し、1つのマウスピースで動かす歯の距離を小さく設計。そのため、ほかの矯正治療よりも痛みが少ないといわれています。マウスピースの厚みも0.5mmほどなので、装着した時の違和感も少なめです。

はじめの頃はマウスピースを装着するのにきつさを感じることもあるようですが、3個目、4個目と進んでいくうちに、歯が動いている効果を実感し始め、装着時のきつさも軽減されていくことが多いようです。

治療が終わるまでに使用するマウスピースの数や、マウスピースを装着する期間は、人によって異なりますが、多くの場合、治療が完了するまでに、20~60個ほどのマウスピースを使用し、数カ月~2年くらいの期間がかかるといわれています。

軽度の矯正はもちろん、八重歯、出っ歯、受け口など、さまざまな症例において効果が出ているのだそうです。

治療期間が2年というと長い気もしますが、ワイヤー矯正の場合でも、表側であれば半年から3年、裏側となると4年かかる人もいます。それを考えると、2年という期間は決して長い時間ではありません。

効果があらわれない場合とは?

高い効果が得られるインビザラインですが、中には、効果が得られなかったという人もいるようです。

しかし、そうした人の多くは、マウスピースを着用していない時間が長すぎたり、歯を動かす距離が遠すぎる場合です。インビザラインはいつでも取り外しができてしまうので、装着時間の自己管理をしっかりしなければ、取り外している時間が多くなり上手く矯正されません。

着用時間をしっかり守り、きちんと手順を踏んで矯正治療を行うことで、高い効果を得ることができます。