東京でインビザライン治療ナビ » インビザラインとは?知っておきたい基礎知識 » ほかの歯科矯正と何が違うのか

ほかの歯科矯正と何が違うのか

インビザラインとワイヤー矯正など、ほかの歯科矯正との違いについて解説しています。

ワイヤー矯正とインビザラインの特徴

歯科矯正にはいくつかの種類がありますが、もっとも有名なのがワイヤー矯正です。

ワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットを取り付け、ワイヤーを通して固定するもの。ブラケットの素材には金属、セラミック、プラスチックなどがあります。

金属製のものは比較的費用が安く丈夫ですが、目立ちやすいやすいというデメリットが。金属製のブラケットで目立つのがイヤという人には、審美性の高い、透明や白色のセラミックやプラスチック製のものもあります。

また、表側矯正よりも価格は高くなりますが、ブラケットとワイヤーを歯の裏側に取り付ける裏側矯正(リンガル矯正)という方法も。表側からブラケットやワイヤーが見えないので、歯科矯正をしていることが気づかれにくいのが特長です。

ただし、リンガル矯正は通常の表側矯正よりも費用が高くなるため、上の歯は裏側矯正、下の歯は表側矯正というハーフリンガル矯正という方法も人気が高いようです。

ワイヤー矯正のほかには、マウスピースを使った矯正方法(インビザライン)があります。インビザラインの特徴は、透明素材のマウスピースを使っているので目立ちにくいという点。

取り外しも可能なので、食事の制限もなく、歯磨きなどのケアもしやすいというメリットも持ち合わせています。ワイヤー矯正の場合、金属アレルギーの人は利用できない場合がありますが、プラスチック製のインビザラインなら、アレルギーの心配もありません。

インビザラインとワイヤー矯正の比較一覧

施術の種類 インビザライン ワイヤー矯正
見た目 透明で目立ちにくい 矯正装置が見える
来院の頻度 2~3カ月に一度 毎月
通院時の診療時間 20~30分 1時間前後
治療期間 開始前にわかる 治療終了までわからない
痛み 痛くない 調整後に痛む場合がある
装着感 良好 擦れて口内炎ができることも
衛生面 取り外し可 取り外し不可
ブラッシング しやすい コツが必要
虫歯や歯周病のリスク ほとんどない ブラッシングの仕方によっては高い
しゃべりやすさ 発音障害が若干ある 表側装置はほとんどなし。裏側装置は発音障害あり

インビザラインと他のマウスピース矯正との違い

マウスピース矯正装置には、インビザラインの他にも複数の種類があり、特徴や矯正可能な歯並びも異なっています。 インビザライン以外のマウスピース矯正装置には、一例として以下のようなものがあります。

アソアライナー

インビザラインと同様に、透明で薄く、審美的にも優れたマウスピース矯正装置です。

また、素材の弾力性を使って歯に力を加え、少しずつ歯を移動させていきますが、0.5mm~0.8mmの範囲で3種類の厚みがあり、厚さによって歯を押す力をコントロールすることが可能です。

ただしインビザラインと違って、アソアライナーの場合、通常は約1ヶ月に一度くらいの頻度でクリニックを受診し、その時々に歯型を取って新しいマウスピースを作成しなければなりません。つまり、結果的に通院回数もアソアライナーの方が多くなります。ただし、マウスピース自体の費用だけでいえば、一般的にアソアライナーの方がリーズナブルです。

その他の特徴としては、インビザラインと比較するとアソアライナーの方がややサイズが大きく、異物感を感じる人もいます。また、基本的にアソアライナーは前歯の矯正のような部分的矯正に適しているため、奥歯の矯正や重度な歯列矯正には不向きといえるでしょう。

スマイルトゥルー

スマイルトゥルーはアメリカ製のマウスピース矯正装置です。

薄く透明なマウスピースで、違和感や痛みといったストレスが少なく、3Dデジタル解析によって歯型取りも最初の1回だけで良いなど、インビザラインとの共通点も多いマウスピース矯正です。なお、歯型データはテキサス州にあるスマイルトゥルー本社へ送られ、そこで改めて最終的な歯並びがデザインされます。

また、スマイルトゥルーは費用がリーズナブルな点も特徴です。ただし、スマイルトゥルーの費用は矯正の難易度によって大きく異なり、難易度が高いほど費用も上昇します。さらに、条件次第ではインビザラインで矯正可能な患者も、スマイルトゥルーでは矯正できないといったケースもあり得るでしょう。

プレオルソ

プレオルソは、小児用のマウスピース矯正装置です。

プレオルソは生活習慣が原因で歪んでしまった歯並びの矯正や、成長期の出っ歯や受け口といった状態の改善に適しているとされています。 一方、プレオルソでは充分なスペースがなくて飛び出してしまった歯や、その場でねじれて生えているような歯の矯正には適しておらず、奥歯の矯正にもあまり効果を発揮できません