東京でインビザライン治療ナビ » インビザラインとは?知っておきたい基礎知識

インビザラインとは?知っておきたい基礎知識

インビザラインとはどのような治療なのか。インビザラインを受ける前に知っておきたい基礎知識についてまとめています。

そもそもインビザラインとは

インビザライン治療を受けるにあたって、まず、インビザラインとは何かを知っておかなければなりません。

インビザラインとは、全世界で400万人以上が治療に使用している、マウスピース型の矯正歯科装置。透明素材なので目立たず、周りに気づかれずに矯正をすることができます。

矯正はしたいけれど、目立つ矯正装置を使いたくないという人に人気の矯正治療です。

1日20時間以上の装着が推奨されていますが、自分で取り外しができるので、食事や歯磨きのときには外してもOK。食べるものも制限されず、歯磨きもでき、マウスピース自体も洗浄できるので、清潔に保てるのも良いですね。

ワイヤーブラケットによる矯正治療は、金属アレルギーの人は使用できませんが、プラスチック製のインビザラインなら、金属アレルギーの人でも治療を受けることができます。

はじめにコンピューターで治療計画をシミュレーションし、歯型を採取するのは1回のみなので、忙しくて定期的に歯科医院へ通うのが難しいという人にもおすすめです。

1個のマウスピースを1週間~10日ほど装着し、次のマウスピースを装着していきます。少しずつ歯を動かしていくので、ワイヤー矯正よりも痛みが少ないと言われています。

プラスチック製なので、口腔内を傷つけにくく、口内炎などの心配もありません。

ほかの歯科矯正と何が違うのか

代表的な歯科矯正治療であるワイヤー矯正、ブラケットがセラミックやプラスチックでできたもの、ブラケットとワイヤーを裏側から取り付けることで表から見えないリンガル矯正(裏側矯正)と、インビザラインの違いを紹介。来院の頻度や痛み、治療期間、装着感などを一覧で比較しています。

インビザラインのメリットとデメリット

インビザラインには、目立たない、取り外しができる、痛みが少ない、通院回数が少ないなど、たくさんのメリットがあります。その一方で、装着時間が長くなったり、対応できる歯科医院が少ないなどのデメリットも。インビザラインのメリットとデメリットをまとめています。

インビザラインの費用相場

インビザラインは自由診療のため、歯科医院によって価格が異なります。また、軽度の矯正なのか、難しい矯正なのか、部分矯正なのかによっても変わってきます。ワイヤー矯正など、ほかの矯正治療の費用とも比較してみました。

インビザラインの効果

インビザライン治療は、「いつ頃から効果が感じられるのか?」「どれくらいの治療期間がかかるのか?」「どのような症例でも効果が出るのか?」など、インビザラインの効果について解説しています。

インビザラインの治療の流れ

インビザラインは、大きく分けて6ステップで治療が行なわれます。最初に現在の歯並びを元に、抜歯が必要かなどのカウンセリングがあります。その後、精密検査やマウスピースを作成するための3次元データを作製。3次元データをアメリカにあるインビザラインの会社に送って、数十種類のマウスピースを作成します。それと同時に、矯正により歯並びが変化していく様子を、コンピューターシミュレーションによって確認。マウスピースが届いたら、いよいよインビザライン矯正が開始されます。ここではインビザラインの治療の流れについて順を追って解説しています。