東京でインビザライン治療ナビ » 東京にある矯正歯科の選び方【インビザライン成功のコツ】

東京にある矯正歯科の選び方【インビザライン成功のコツ】

インビザライン矯正で失敗しないために、矯正歯科の選び方について解説しています。

失敗しない!インビザライン矯正歯科の選び方

1997年に開発されたインビザラインは、2006年から日本でも治療が開始されるようになりました。

ワイヤー矯正などと比べると、日本における歴史は浅く、対応している歯科医院も少ないと言われています。だからこそ、確かな技術を持つクリニックを見極めて、インビザライン治療を成功させたいもの。

インビザラインは、アライン・テクノロジー社のインビザラインシステム導入コースを受講した矯正歯科医だけが施術できる治療法だといわれています。

つまり、インビザラインの治療を提供している歯科医院は、当然、インビザラインについての知識や技術はあります。その一方で、インビザライン治療に対応していれば、どのクリニックでも良いというわけではありません。

インビザライン治療では、カウンセリングのあと、レントゲンでの精密検査や口腔内写真の撮影、歯型の採取などが行なわれます。

歯型の採取は1回のみで、1度にすべてのマウスピースが作られます。マウスピースは、治療計画に基づいて作られるので、治療計画を立てる医師の経験や実績に大きく左右されます。

当然、インビザライン治療の経験が豊富な歯科医師のほうが、さまざまな症例にも対応でき、より確実に、歯並びを改善してくれると考えられます。

施術の腕を見極めるポイントとは

クリニックを選ぶ際、施術の腕が良いことは大前提になります。しかし、施術の腕といっても、初めて受けるインビザライン矯正。良し悪しなど判断するのは困難です。インビザライン矯正施術の腕は、どこで見極めたらいいのでしょうか。

インビザライン治療の歯科医院を選ぶ際のポイントは3つです。

上記の3ポイントさえ押さえておけば、インビザライン治療院選びは間違いないでしょう。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

インビザラインの経験

インビザラインの経験が豊富なほど、難しい症例や珍しいケースにも対応してもらうことができます。

あるクリニックではインビザラインの治療を断られたのに、別のクリニックでは受けてもらえたという場合も。インビザライン治療を考えるのであれば、治療の経験数を確認することが必須と言えます。

インビザライン・ドクターには、年間の症例数に応じて、世界共通のランクが設定されています。

  1. ブラックダイヤモンドプロバイダー(401症例以上)
  2. ダイヤモンド・プロバイダー(151症例以上)
  3. プラチナエリート・プロバイダー(101症例以上)
  4. プラチナ・プロバイダー(51症例以上)
  5. ゴールド・プロバイダー(21症例以上)
  6. シルバー・プロバイダー(11症例以上)
  7. ブロンズ・プロバイダー(1症例以上)

ブロンズ・プロバイダーからシルバー・プロバイダーと、ランクが上がっていくごとに、医師の数も少なくなります。ブラックダイヤモンドプロバイダーは、全世界の歯科医師の中でも、トップから上位1%のドクターだけが受賞できるといわれています。

しかし、現実的に1人のドクターが年間401施術もの症例数をこなすのは難しいので、そういった場合は医院全体の施術数をカウントし、その医院を代表する医師が受賞しているようです。

施術の経験数でインビザライン矯正治療院を決める際は、所属する医師個人での施術数かを確認することが、良い腕の医師から施術を受けるポイントです。

歯科医師の有する資格

歯科医師の免許を持っていれば、歯科矯正を行なうことは可能ですが、矯正歯科は一般歯科と治療内容も異なります。さらに高い技術や専門知識を習得するためには、歯科大学を卒業した後も、専門技術を学ぶ必要があるのです。

矯正歯科の知識や技術を持つ歯科医師の中でも、「認定医」「専門医」「指導医」に分けられます。

歯科医院のホームページにある医師紹介などで、どのような資格を持っているかが記載されているので、確認してみるといいでしょう。

矯正歯科学会の資格の有無

日本には、矯正に関する学会や団体が3つあります。

このうち、日本歯科矯正専門医認定機構には、認定医という資格はなく、専門医と指導医のみです。

日本矯正歯科学会と日本成人矯正歯科学会には、認定医、専門医、指導医の資格があります。

歯科クリニックの医師の経歴には、ほとんどの場合、属している団体などが記載されています。矯正治療を受けるのであれば、こうした矯正歯科学会の認定医の資格を持っていることは最低条件

矯正治療を受けにクリニックを訪ねる前に、矯正歯科学会の資格を持っているのかどうかをきちんと確認しておきましょう。

インビザラインの治療を受けるのであれば、こうした技術力の高いクリニックであることはもちろんのこと、費用が安ければなお、良いのではないでしょうか。

ただし、ホームページなどで記載されている価格が安いところは、インビザラインフルの価格ではなく、インビザラインライト(軽度の矯正)の価格の場合もあります。

クリニックの価格を比較するときには、インビザラインフルの価格で比較するようにしましょう。