東京でインビザライン治療ナビ » インビザラインで治療できる症例とできない症例 » 下顎前突症(かがくぜんとつしょう)・受け口とは?

下顎前突症(かがくぜんとつしょう)・受け口とは?

下あごや下の前歯が前方へ突出している状態は「下顎前突症」と呼ばれ、一般的には「受け口」や「しゃくれ」としても知られる不正咬合の一種です。ここでは下顎前突症の特徴や原因、弊害やインビザラインとの相性などをまとめて解説していきます。

下顎前突症・受け口とは?

下顎前突症

下顎前突症とは、下あごや下の前歯が前方へ突出している状態の総称です。また、通常であれば、人の歯は上側が下側よりもやや外側になっているため、下顎前突症は「反対咬合」と呼ばれることもあります。なお、一般的には「受け口」や「しゃくれ」といった呼び方でも知られています。

下顎前突症は原因や状態によって複数のパターンに分けられ、それぞれに応じて治療難易度も変わることが一般的です。そのため、まずはクリニックで詳しく検査することが必要です。

下顎前突症・受け口がもたらす弊害

下顎前突症や受け口がもたらす弊害としては、外見的な問題から機能的な問題まで複数のものが考えられます。

外見上の問題

下顎前突症で最も簡単にイメージされる弊害の1つが、「受け口」や「しゃくれ」としても知られた見た目上の問題でしょう。

下の歯だけが出ているのか、下あご全体が出ているのかで雰囲気も変わりますが、特に下あごが突出していることで特徴的な顔立ちになることも少なくありません。

発語障害

下顎前突症がひどい場合、一部の発音が正しくできないといった発語障害を伴うことがあります。

咀嚼障害・胃腸障害

歯列の状態によって、正しく食べ物を咀嚼できず、消化器官へ負担をかけやすくなります。消化器官への負担が慢性化すれば、消化不良や胃腸障害の原因となるため、気をつけなければなりません。

慢性的な頭痛や肩こりなど

かみ合わせが悪くなることで、顎の筋肉や首の筋肉へかかる負担が増大し、頭痛や肩こりが慢性的な症状として現れることもあるでしょう。

顎関節症・顔面変形症の発症

あごの骨や関節への負担が継続することで、顎関節症や顔の歪みといった症状のリスクが高まります。

口内炎・虫歯・歯周病のリスク増大

重度の下顎前突症では、上の歯が下の歯茎へ食い込んでしまい、口の中を傷つけて口内炎の原因とることがあります。また、日常的に歯茎へダメージが与えられたり、かみ合わせの影響で歯に不自然な力がかかったりすることで、歯周病や虫歯のリスクが高まることもあるでしょう。

その他、上あごの成長異常によって下顎前突症が引き起こされている場合、他の不正咬合を併発していることも多く、オーラルケアがしにくくなるといったリスクもあります。

下顎前突症・受け口になる原因とは?

下顎前突症のパターンや原因は、大きく3種類に分けられます。

下あご全体の変形

下あごの骨の異常な発達や変形は、下顎前突症の大きな原因です。 下あごの骨の異常は遺伝的な理由の他、事故による衝撃や病気による成長阻害、幼少期の生活習慣など、様々な理由が発生原因として考えられます。

下の前歯の突出

下顎前突症では、下あごが定位置にあるものの、下の前歯だけが前方へ突き出ているケースも少なくありません。

前歯の生え方がおかしくなる原因としては、歯が生え替わる時の発育不良や事故などの外的要因だけでなく、口呼吸や指しゃぶり、舌で歯を押すといった癖も挙げられます。

通常、口を閉じている時の人の舌は、上の前歯の裏にそっと接するような状態で固定されています。しかし、人によっては舌先が下の歯へ接したり押したりしていることもあり、これもまた下顎前突症の原因です。

上あごの成長不良

遺伝的要因や外的要因で上あごの成長がきちんと行われず、下あごよりも引っ込んだ状態になっている下顎前突症もあります。 この場合、治療には口腔外科的アプローチが必要なことも多く、充分な検査と状態確認が必要です。

インビザラインで治療可能なのか?

下の前歯の矯正であれば治療可能

下の歯の突出といった歯の生え方の問題であれば、通常はインビザラインで矯正可能です。 ただし、下あごが小さく、歯が移動できる充分なスペースがない場合、抜歯が必要になることもあります。

インビザライン単独では治療困難なケースも

下あごや上あごの骨に異常がある場合、インビザラインだけでは治療が困難になることもあるでしょう。 特に重篤な下顎前突症では、外科手術で顎の関節位置を移動させたり、骨を再形成したりといった治療が必要です。

まとめ

下顎前突症は受け口やしゃくれなどとも呼ばれ、一般的に知名度の高い不正咬合の一種ですが、実際の症状や程度は人によって大きく異なります。 また、患者によってインビザラインでの矯正が難しいケースもあり、まずは充分な検査環境と技術を備えたクリニックで、正しく歯と骨の状態を診察してもらうことが大切です。